断熱リフォームを選ぶ理由

一棟まるごとの断熱リフォームにこだわる理由とは?

人生100年時代に向けて、これからの住まいは家のポテンシャルを高めることが大切です。特に断熱性能の向上は、快適・健康・省エネに効果を発揮し、年を重ねるごとに大きな価値となります。

 

リフォームで

冬も夏も、家のどこにいても快適に過ごせます。


まるごと断熱リフォーム後の快適性は、築年数の経った住宅と比べてどれくらい違うのでしょうか。例えば冬の足元までおよぶ暖かさは、部屋のサーモグラフや温度データによって比較できます。また、冬も夏も、冷暖房が効いた部屋だけではなく、家中の温度差が少ないため、どこにいても快適に過ごせます。

高断熱リフォームは、すぐれた性能をもつ断熱材により、壁・天井・床をしっかり覆い、高断熱の窓や玄関ドアに交換。外気温の影響が少なく、冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことができます。

 

実は、日本の家の90%が寒さ・暑さをガマンしている断熱性能の足りない住宅です。


住宅の省エネ基準は、時代とともに進化していますが、現行の基準を満たしていない日本の家は全体の90%を占めています。その多くが、寒さ・暑さをガマンしている断熱性能の足りない住 宅といえます。これは、健康を維持する意味においても改善すべき問題です。

 

画像

足元まで空間全体が暖かく、冷え性の方にもやさしく。

高断熱リフォームによって断熱性能を高めることで、部屋の上下の温度差がわずかに。暖房は効いているのに足元が寒い・冷える、といった暮らしの悩みも解消されます。

 

画像

 

部屋間の温度差が少なく、ヒートショックのリスクを低減。

家全体の断熱性能を高めると、部屋間の温度差も少なくなり、冬場のヒートショックのリスクを低減。入浴時の脱衣室やトイレで「ぶるっと震える」といった寒さも解消されます。

 

断熱性能を高めると、体感温度が暖かく。

人のカラダは空気温度だけではなく、床・壁・天井面からの輻射熱も感じとります。部屋の温度計が20°Cでも、断熱性能の高い家では体感温度が19°C、断熱性能の低い家では15.4°C。断熱性能によって、大きな体感温度の差が表れます。

画像

 

リフォームのお問い合わせはこちら

LINEでもお気軽にご相談ください

画像

画像

 

お気軽にご相談ください。

 

リフォーム|まるごと断熱リフォーム

ページトップへ